概要・説明資料

JAS構造材個別実証事業

非住宅物件にJAS構造材を活用する実証的取り組みに対し、
その木材の調達費の一部を助成します。

事業の概要

JAS構造材活用宣言事業における登録事業者が、非住宅建築物(国、地方公共団体の公共を除く)において、構造部分にJAS構造材を利用することを通じて、設計、調達、施工時等におけるJAS構造材の利用に関する課題の抽出、改善策の提案などを行っていただきます。

活用宣言事業についてはこちら

JAS構造材とは

本事業におけるJAS構造材とは、JAS格付率、格付量が低位な

 ①機械等級区分構造用製材
 ②2×4工法構造用製材およびたて継ぎ材
 ③CLT

を指します。
構造用製材のJAS製品には、国土交通省の通達により樹種、等級ごとに許容応力度が設定されています。

対象物件

必須採択要件
産業併用住宅は産業部分が支援対象となります。
 

採択必須条件

指定する構造部にJAS構造材の使用が採択必須条件となります。  
①機械等級区分構造用製材

機械等級区分構造用製材が柱、梁桁(含むトラス)、土台に使用されること(一部でも可)
 
②工法構造用製材及びたて継ぎ材
(2×4用製材)
枠組壁工法構造用製材及びたて継ぎ材が構造部分に使用されること(一部でも可)
 
③直交集成板(CLT)
直交集成板が構造部分に使用されること(一部でも可)
 
   

*詳細は公募要領にてご確認ください
 

実施の流れ


※事前に、 JAS構造材活用宣言事業における登録が必要です。


問い合わせおよび申請窓口

問い合わせおよび申請窓口はこちらをご覧ください。
塀やデッキなど外構を木材でお考えの方へ:外構部の木質化(木塀、木柵等)の支援事業